おはようございます!

娘が幼稚園に行き始め、部屋の整理整頓など、やりたかったことが出来るようになってきました♪

今月はまだお迎え時間が少し早いですが、幼稚園に感謝です!

 

さて、先日。

浴室換気扇の分解洗浄を行いました。

めちゃめちゃ汚かったです!!

これまでに何回か外側のカバーを外して洗ったり、手の届くところだけ汚れを取ったことはありましたが、分解は初めて。

5年間分の、溜まりに溜まった汚れを、きれいさっぱり落としました!!

 

まずは、衝撃のBEFOREをご覧下さい。閲覧注意。

 

01c9761a258d45332eeec7d70e458154c0dde340bd0118a72e71dbe4b952ea26ead6a8330213e363ceda

014833747779796b97a9ddd17f17a8cc38bc219ee4

01980c7dd538df714c0f0c198eed0106365ae2c72a

013a24f610079027de59359f59b4ddd98f03c5ff33

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やばーいです(^^;)

実はここ最近、換気扇カバーの留め具が外れていたので、もしかしたら上手く換気が出来ずに、カビが増えてた可能性もあります。

でも、溜まりに溜まったホコリに、嘘偽りはありません(TvT)

 

ちなみに、換気扇を分解せずに覗いた時は、こんな感じ。

まさか、内部があんなに汚れているとは、思っていませんでした(^^;)

0190ebdbf2d6e97f9369e4c5d6ec7089bbf2c64d38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

衝撃的な画像をお見せしたところで、分解洗浄の仕方をご紹介します!

 

[必要なもの]

プラスドライバー(あれば、電動ドライバー)

13mmの六角レンチ(入居時にもらったお手入れ箱?の中にはいっていました)

つけおき洗剤(酸素系漂白剤など)

 

[手順]

①外側の換気扇カバーをがこっと外します。写真は撮り忘れました。

これはお手入れもしやすいので、そこまで汚れていないと思います。

取付金具と、換気扇カバーを、綺麗にして下さい。

 

②換気扇本体を、天井から取り外します。

ネジでしっかり留めてあるので、気力がいります!

電動ドライバーがあれば、ぜひ使ってください。

こんな感じの箱が出てきます。コードが繋がっているので、落とさないようご注意ください。

物干し竿に仮置きしながら掃除を進めると、作業がしやすいです!

01428260577e3b1a0599bfe2dbd184e5860885fc8a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③外側の白い箱を取り外して洗浄します。

上部の外側にネジがあるので、それを外せば、取れます。

写真の青いコードが出ている側です。

 

黒いパカパカするところが、ダクトに繋がっています。

換気扇のスイッチを押すと、ファンが回って、黒いところが開く仕組みかな?

開いて覗くと、衝撃の汚さをご覧いただけます。

汚れはひどいですが、こびりついてはいないので、シャワーで流しながらブラシでこすれば綺麗になりました。

裏側とか、外さないと綺麗に出来ないですよね(^^;)

011299b4e5f1c61c19b532b2d8e5ab31ba9bc6bcde

013f7593b9941b82f5432f2e32ee0a591b7ef7f4a8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01c9761a258d45332eeec7d70e458154c0dde340bd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④コードのついている部品から、ファンを取り外します。

取り外す際は、13mmの六角レンチを使います。

ファンの中央の留め具が外れたら、グッと力を入れてファンを引っ張れば、取れます。

スポンサーリンク

ファンを取り外したら、コードのついている部品は、汚れを拭き取ってから洗面器に入れて、物干し竿に引っ掛けておいて下さい。

0176b2b84e794216d9109968ce0b32083bffd9dd5f 010e38fab400605c9eeaf4182622085b719be524c7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01980c7dd538df714c0f0c198eed0106365ae2c72a

 

 

 

 

 

 

 

01792ca703296652cfdc741c51515c016f4adcbd06

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ファンを綺麗にします。

まず、溜まったホコリを落とします。

シャワーを当てながら、小さいブラシや綿棒で、ホコリをかき出します。

ホコリの束が、わんさか取れるので、排水が詰まらないようにしておいてくださいね。

01498f7b9f2e890572805f29d9b2b0db5b0374c55a0185223b16bb8170823a818310c8c5a8e1ae81017e

 

 

 

 

 

 

 

 

01eba6ddc9d6cd8346e60f9fd18e4056db6034d964

 

 

 

 

 

 

 

ホコリをかき出したあと、濡れた状態では綺麗に見えますが、乾かすとコケ?のような汚れが付いています。

これはブラシや綿棒でこすっても、なかなか取れないので、つけおき洗浄で落とすのがオススメです。

016299d5281ced6bd667af098905da9997daf52712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一晩浸けたら、すっきり落ちました。

011deb773db3399626ee45cecd7d2199c9c013b04d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ダクトの部分は、拭き掃除をします。

外すことも出来るとは思いますが、戻せなくなると嫌なので、外しませんでした。

ほかのパーツに比べると、そこまで汚れは酷くなかったです。

013a24f610079027de59359f59b4ddd98f03c5ff33 011a9a9c24e6902d6882a7adfdbe2e6ad8e338637e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦すべてのパーツを綺麗にできたら、しっかり乾かしてからパーツを戻していけば、掃除完了です!!

黒いパカパカする部分が、ダクトに繋がる部分なので、取り付けの際は向きを間違えないようにご注意ください。

天井のネジなど、おそらく何度も付け外さない方が良いだろうし、普段はカバーだけ掃除し、分解洗浄の頻度は5年くらいで良いと思います。

 

 

以上、換気扇の分解洗浄をする際は、参考にしてみて下さい!

汚い写真でしたが、閲覧、ありがとうございました★