蓄電池の設置を検討。

スポンサーリンク

先日、蓄電池の提案を受けました。

いずれは設置したいけど当面は先のことかなぁなんて思っていましたが、早いにこしたことないかなぁって感じです。

というか、転勤の話が無ければ、取り付けてました(^^;)

転勤で長期間、家に住めなくなる可能性があるので、子供の成長のキリのいいタイミングで家に戻ってから、取り付けを再検討してみることにしました。

今回は購入見送ることになりましたが、価格やメリットデメリット等を細かく聞くことが出来て、良かったです。

以下、蓄電池情報まとめ。

1.蓄電池の価格

2.蓄電池のメリット

3.蓄電池のデメリット

4.蓄電池の必要性

1.蓄電池の価格

まず、蓄電池っていくらするのか。

ずばり車1台買える値段です( ̄▽ ̄)

いずれは設置したいと思いながら、価格までは知らなかったんですが、価格を知ってびっくり(^^;)

提案を受けたのは7kwのサイズの蓄電池で、工事費込みで約200万。

10年払いでローンを組むと、大体10年間、1万5千円の支払いになるくらいです。

ちなみに、ローンは余裕があれば銀行で借りたほうが、金利が安く総支払額を減らせてオススメです。

2.蓄電池のメリット

蓄電池のメリットは、日中に使用する電気料金を安く抑えられることです。

スマートライフプランでの電気料金は、朝夕のホームタイムで26円、日中のデイタイムで36円、夜間のナイトタイムで13円です。

ホームタイムとデイタイムに蓄電池に溜まった夜間電力を使えば、日中の電気料金を約半分程度に抑えることが出来ます。

売電単価が安くなってからは、日中に太陽光で蓄電池の充電を行うことで、日中の電気料金をかなり抑えられます。

また、家電を使うのにデイタイム・ホームタイムを気にしないで良くなります。

掃除機や洗濯機や食洗機等、日中時間を気にせず使えるようになるのは、家事がしやすくなって良いかと思います。

非常時への備えになるのも安心です。

3.蓄電池のデメリット

これは、蓄電池は予想以以上に高いし大きいことです。

安くはないと思ってましたが、車1台買えるくらいとは思ってませんでした(^^;)

サイズも結構大きく、メーカーにより差があるかもですが、提案を受けた機種は7kw100×100×40cmくらいでした。

室内にブレーカーの設置も必要で、耐力壁の都合で取り付けできる箇所も限られるので、後付けの場合は結構目立つ可能性が高いです。

うちの場合は外に蓄電池を置くスペースはそんなに目立たない所に出来そうでしたが、室内のブレーカーはまぁまぁ目立ちそうでした(^^;)

設計段階で取付箇所を考えていないと、変に目立たない希望の箇所に取り付けるのは難しそうです。

なお、取付箇所については、蓄電池の施工担当の方が一条のメンテナンス課に問合せて、問題ない箇所を確認してくれました。

一条の営業担当さんによっては「外注工事をしたら保証が効かなくなりますよ!」と脅しをかけてくるらしいので、ご注意を。

 

また、蓄電池には太陽光発電のように売電といった目に見えるメリットは無いです。

収支がプラスになるのも10年〜15年以降だろうし、料金だけ考えると無くても良いかもしれません。

4.蓄電池の必要性

わが家が必要性を感じた理由は、今後の電気料金の値上がりです。

今、国の政策でZEHの義務化が進められています。

ZEHとはゼロエネルギーハウスの略称で、家庭の電気は太陽光と蓄電池で自分達で賄ってね、という仕組みです。

ZEHの義務化の裏では、電気料金の値上げも同時に進んでいくようです。

2020年には今より1割以上は電気料金が上がるようです。

ZEHが進んだ2030年にはどれだけ電気料金上がっているのだろうか…

ちなみに、電力自由化も進んでいますが、他国の動向を見ていると、結局電気料金は一時的にしか下がらないみたいです。

 

なお、我が家の28年度の電気料金は約14万です。

蓄電池無しの状態で電気料金が値上がりした場合、1割で年間1万4千円、2割で年間2万8千円の負担増。

結構大きい負担ですよね(^^;)

床暖房ガンガンの1〜3月は特に負担が大きいです。

蓄電池を導入すれば、床暖房オフシーズンならホームタイムのほぼ全量、床暖房シーズンでもホームタイムの半分程度は、電気料金を安く抑えられます。

また暇な時に細かく試算してみます。

ちなみに、蓄電池をレンタルするという手もありますが、どちらにしろ取付工事をしないといけないし、レンタル期間が終われば返却しないといけません。

蓄電池のローンを払っている間は辛いですけど、それ以降は電気料金ももっと高くなってるだろうし、蓄電池が必要になっているんじゃ無いかと思います。

10年間月1万でレンタルするなら、10年間1万4千円の支払いで購入した方が、長い目で利益を出せるかな。

なお、蓄電池の耐用年数は約15年ですが、バッテリーを交換すれば、15年目以降も使えるそうです。

そんなこんなで、蓄電池情報でした。

一条オリジナルでの蓄電池はまだありませんし、業者は信頼出来るところを選ぶ必要がありますが、売電単価が高いうちに購入してみるのもありかなぁと思います。

蓄電池関連のおすすめ記事はこちら★

https://wa-mama-ai.com/blog/2017/04/28/%e8%93%84%e9%9b%bb%e6%b1%a0%e3%81%ae%e8%a8%ad%e7%bd%ae%e3%82%92%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e3%80%82/
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • はじめましてぼんぼんと申します
    蓄電池ですが、設計時に導入を検討して
    引き渡し後に導入しました。

    現在の蓄電池の価格からすると
    太陽光と違い、儲けを出すというのは
    無理で、非常時の為の保険で導入するという
    意味合いが強いと思います。
    月に1000円~2000円程度の電気代のメリットは
    あります。

    あと、現在の蓄電池は200Vの電源には
    対応していないので床暖房には
    繋げられません。

    ウェブサイトの所に蓄電池設置時の
    ブレーカーの記事をリンクさせて
    置きますので参考にご覧なって下さい

    • はじめまして、コメント気付かず返信遅れて申し訳ありません!
      コメントありがとうございます!!

      ぼんぼんさんは、引渡し後に導入されているんですね。
      ブログ拝見させて頂きました。
      有意義な情報、ありがとうございます!

      月に1000〜2000円となると、費用対効果はかなり薄く感じますね。
      非常時への備えでいくらまで費用を出すか、悩ましいところです。。

      提案を受けたのはスマートスターという蓄電池で、1台で全居室対応とのことでしたが、導入時には床暖房にも使えるのかをきちんと確認してみようと思います!

  • 初めましてポケちゃんと申します。うちは新築して2年4か月となりますが当初から蓄電池を予定していました。理由は全量買取の太陽光発電が終了した以降は、昼間の電気を蓄える必要があることと基礎に後から配線のための穴を開けるのが嫌だったからです。当時ドンピシャのタイミングでONEエネルギーという会社のリースが始まったばかりでリース料金は税込みで5,5Kw 5,100円/月(現在は9,396円に値上げ)ですが予想通りリース料を超えるほどのメリットはありません。夏場でも4,455円、その他季節では3,135円の節約効果なので実質マイナスです。(うちはオール電化プランです)収支がプラスになるとお書きになられていますが中々プラスは難しいと思いますが…。おっしゃるとおり今は非常時の備えのための費用と考えています。ひとつ考えていただきたいのは蓄電池は巨大なリチウムイオン電池なのでいずれ必ず能力が低下してきて場合によっては予想外の故障が発生するおそれがあること。スマホの電池が2年目に弱くなってくるのと同じです。リースなら10年間保証が付いていますので6~7年目あたりで性能が出せなくなっても無料で新品に交換してくれます。購入の場合はその辺も考えておかないといずれ追加出費など痛い目に合うかもしれません。蓄電池の性能低下は常識なので営業の甘い言葉には要注意ですよ。
    あとは購入の時期ですね。前述したように蓄電池での節約効果はありません。今じゃなく、電気料金が上がるタイミングならまだましですかね。それと蓄電池の性能もUPしたり価格も下がってくる可能性もあるので。
    今は蓄電池をいずれ設置する前提で配管穴やスペースを考えておくだけのほうが良いかもです。そういう私も当初10年リース後はどうしようか今から考えています。蓄電池も5.5Kwから容量が上がったり、性能がUPしているのなら再契約かな。今よりも出費がかさむなら一旦契約解除。そして20年の太陽光全量買取契約が終了する時点でリース再契約か購入か、詳細計算してから…ということになりそうです。

    • はじめまして、コメント気付かず返信が遅れて申し訳ありません!
      コメントありがとうございます!!

      ポケちゃんさんのところでは4000円前後となると、機種による差もかなり出そうですね。
      リース料金の値上げ幅、僅か数年でそんなに上がるとは驚きです。

      提案を受けた製品は、電池性能が落ちた際は、電池の交換(確か5万かからないくらい)のみで済むという説明を受けました。故障や性能低下への製品保証も10年あるようです。
      本体自体の寿命は長く、10年後の電池交換の費用もそんなにかからないのであれば、リースより購入の方が良いかなと判断しました。

      巧みな営業トークと、即決での約50万の値引きに惹かれましたが、やはり慎重に考えた方が良さそうですね。

      なお、設置箇所の打ち合わせもしましたが、我が家は事前に蓄電池用の配線や設置スペースを設けなかったので、いざ設置するとなると悪目立ちしそうでした。

      今は室外機もブレーカーもサイズが大きいので、今後の性能向上と小型化に期待しています。

      有意義な情報ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)