ベランダの水溜りの原因。

こんにちは。

もうすぐ8月が終わりますね。

涼しい季節が待ち遠しいです!

入居当初から排水が悪かった、うちのベランダ。

寝室側の一番広いベランダの片側だけ水捌けが悪かったんです。

パイプユニッシュをかければ、翌日には水が無くなっているような状態。

雨樋のコーナーの形のせいかなぁとか、洗濯物干してるからゴミが溜まりやすいのかなぁとか、コウモリが詰まってる(怖っ)のかなぁとか、思っていました(^^;

入居5年目にして、ようやく一条さんに点検を依頼。

雨樋のL字の部分が詰まってるとのことで、修理してもらえることになりました。

L字部分の配管をカットしてもらい、まさかの原因が発覚。

ビニール詰まってました(゚∀゚)

入居してからそんなもの詰まらせることはないし、多分、施工時のものですかね( ͡° ͜ʖ ͡°)

見た目も、小さめの部品を入れてるような感じの、分厚いビニールでした。

雨樋を切ってビニールを取ってもらい、雨樋も新しいものに交換してもらい、無事に水捌けは良くなりました。

でも、施工時のゴミが残ってたせいで水捌けが悪かったと思うと、なんだかもやっとします(゚∀゚)

水捌け悪かったせいで、苔が出来たり汚れやすくて、掃除には苦労していました(。-_-。)

もっと早く連絡しておけば良かった〜。

ちなみにこちら、MAXに汚れて水も溜まった状態。

外壁タイルや室外機が、苔でめっちゃ汚れています。

IMG_3804

無事に詰まりの原因も無くなったし、こんな汚いベランダとはおさらばです!(*゚∀゚*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)